K8 Gazprom

04.11.2017

フライブルクで1-0。シャルケが4位へ浮上

 FCシャルケ04は11月4日(土)、今シーズン3度目のアウェイ戦での勝利を勝ち取った。フライブルクで決勝弾となる素晴らしいゴールを決めたのはダニエル・カリジュリだった。MFの同選手は、以前所属していたチーム相手に62分、先制点を奪った。シュヴァルツヴァルト・シュタディオンでの勝点3はシャルケを順位表で4位へと導いた。

スターティングイレブンは2人の変更

 ドメニコ・テデスコは1-1で引き分けたVfLヴォルフスブルク戦のフォーメーションから、2つの変更を行った。ウェストン・マッケニーイェフヘン・コノプリャンカは先発に戻り、ナビル・ベンタレブアミーヌ・アリがベンチスタートとなった。

 

ハーフタイム前にポスト直撃のシュートが3回

 試合序盤、シャルケは堅い守りのフライブルク相手に苦戦を強いられた。しかし前半の半ば、シャルケにスイッチが入り、イェフヘン・コノプリャンカが先制点の大チャンスを作る。ウクライナ出身の同選手は28分、フランコ・ディ・サントからのパスでゴール7m前から狙ったが、ボールは左ポストの内側に直撃した。一方、フライブルグのゴールもゴールポストに2度弾かれた。1度目はニルス・ペーターゼンがゴール直前から放ったシュートがゴールの角に当たり(32分)、2度目はやや左からボールをすくうように放ったバルトシュ・カプストゥカの技ありシュートをクロスバーが弾いた(37分)。

 

SCF : シュヴォロフ - コッホ、シュスター、スタンコ - シュテンツェル、フランツ(61分アブラシ)、へフラー、 ギュンター - カプストゥカ(75分カート)、ぺターゼン(78分テラツィーノ)、ハベラー
S04 : フェアマン – ケーラー、スタンブリ、ナウド - カリジュリ、マッケニー、コノプリャンカ(65分ハリット)、マイヤー、オツィプカ - ブルクシュタラー(90+3分レーゼ)、ディ・サント(79分エンボロ)
GOAL : 0-1 カリジュリ(62分)
主審 : フリックス・ブライヒ(ミュンヘン)
観客数 : 24,000人
イエローカード : カート/ スタンブリ

カリジュリが古巣相手に決めた

 後半開始後、シャルケの動きは良くなった。その結果は62分、シャルケの先制という形で現れる。コートのやや右側18m付近からダニエル・カリジュリが放ったシュートは、クリスティアン・ギュンターに当たり方向を変えゴールへと吸い込まれる、幸運な形での得点となった。フライブルクのゴールキーパー、アレクサンダー・シュヴォロフには元フライブルク選手のカリジュリのシュートを防ぐチャンスはなかった。フライブルクはこの試合を同点にしようと奮闘したが、シャルケのコンパクトなディフェンスに対して、攻めの糸口を見つけることができない。シャルケは戦術的に抜け目なく立ち回り、1点のリードを守って1-0の勝利を物にした。