K8 Gazprom

28.09.2016

ヴァインツィール「勝って弾みをつけたい」

 FCシャルケ04は、9月29日(木)現地時間19時(日本時間 翌2時)にホームで迎えるFCザルツブルク戦で2つの目標を掲げている。マルクス・ヴァインツィール監督は、一つ目に「良い結果を残したい」と述べ、二つ目に「次のボルシアMG戦に向けて弾みをつけたい」と説いた。

 指揮官は、ブンデスリーガで5連敗中というこの深刻な状況について、チーム内で話し合ったという。「この状況は当然心地の良いものではない。ここ最近の試合では単純に失点を許しすぎた。それも、その多くが個々のミスから生まれたものだった」と明かすと、「そこを修正しなければ。出来るだけミスを少なくすることが我々の課題。もしミスをしても、チーム全体でカバーしなければならない」とコメントした。

 

 また、対戦相手のザルツブルクについては、「良いチーム。彼らはここ数年オーストリアリーグを牽引してきた。特に攻撃力が高い」と評価。そして重要なのは、「1-0で勝利したニース戦で見せた力を発揮することだ」と強調した。一方、ザルツブルクは同時刻に開催されていた試合でFCクラスノダールに0-1で敗れている。

 

 ヴァインツィール監督は、クラスノダールをしっかりと分析した結果、「彼らの強みも弱みも把握した」と述べ、同時に「うちはメンバー全員、高い実力を備えている。それをピッチで引き出し、示さねばならない」と強調した。

 

 そして18名のメンバーについてヴァイツィールは、いくつかの不確定要素を抱えている。まず、レオン・ゴレツカが筋肉系の問題を抱え出場が危ぶまれており、エリック・マキシム・チュポ=モティングが打撲を負い、短めのトレーニングをこなしている。

統計データ

  • シャルケはこれまで、ヨーロッパリーグのグループステージ全13試合で一度も負けたことがない。そのシャルケが今回対戦するザルツブルクは、同じく14試合無敗を維持していたが、今季の開幕戦で敗北を喫した。

  • シャルケが過去に唯一オーストリアのチーム(パシング)と対戦したのが、UEFAインタートトカップ2003の決勝で、シャルケはアウェイ戦に2-0で勝利し、ホーム戦を0-0で引き分けた。

  • ザルツブルクの、ドイツのチームとの直近6試合の対戦成績は、1勝3敗2分け(うちドイツで行われた試合の成績は2敗1分け)。その唯一の勝利は1993-94シーズンのUEFAカップ対アイントラハト・フランクフルト戦。
     
  • イェフヘン・コノプリャンカが試合当日27歳になる。