K8 Gazprom

02.10.2016

エンボロ「運を味方にした」

 今シーズン初勝利後の喜びは格別だった。schalke04.deが試合終了後の選手とSDのコメントをまとめた。

ブレール・エンボロ:

 ここ最近、僕たちはブンデスリーガで常に運がなかった。だが今日、ついに勝利することが出来たよ。試合に勝てて本当に安心したし、嬉しいよ。この日のためにとてもハードワークしたし、準備もしっかりしてきた。やっと努力が報われ、運を味方にした。ゴール前では効率的なプレーができた。2ゴールでチームの勝利に貢献できて嬉しいよ。より大事なのはチームの勝利。僕らは良いチームだと思うし、常にファンと一丸となっている。今日は、スタジアムを訪れたみんなが楽しめたと思う。

 

エリック・マキシム・チュポ=モティング:

 PK獲得が、その後の試合を良い方向へ大きく変えたことは確かだ。蹴る瞬間、とてもプレッシャーを感じたよ。幸いにも、PKを成功することが出来た。良い予感がしたから、自ら蹴ることを決めたんだ。先制点を奪ってからは、試合の流れが僕たちに傾いたと思う。サッカーはメンタルに大きく影響されるということが示されていた。それに、すぐ追加点を2ゴール奪えた意味も大きかった。試合内容も良かったし、チームの選手1人1人が自分の役割を十二分にこなしていた。ただし、今日の勝利に慢心してはいけないことは分かっている。これは始まりにすぎない。だが、自分たちの本来の力は示すことができた。

 

クリスティアン・ハイデル:

 今週はとても良かった。ザルツブルグ戦にきちんと勝利した後、ボルシアMGとの試合も支配することが出来た。6試合目でやっと初勝利できたのだから、安堵が大きいのは当然だ。最初の勝点3獲得に長い時間を費やしてしまった。ここで大事なのは、今後の試合でこれを続けていくということだ。