K8 Gazprom

06.10.2016

ヨハネス・ガイス「シャルケ選手全員が必要不可欠だ」

 FCシャルケ04に所属するMFヨハネス・ガイスは、前節のボルシアMG戦にボランチとして出場し、豊富な運動量で4-0の勝利に貢献した。ガイスがボルシアMG戦、チームのポテンシャル、インターナショナルウィーク期間の練習についてschalke04.deに語った。

ヨハネス・ガイス選手、ボルシアMG戦に4-0で勝利したことは、どのくらい意味のあることでしたか?

 どんなチームでも5連敗したら、プレーに影響が出る。辛い状況だった。長い期間、こんなに勝点を奪えなかったことは、一度もなかったからね。試合終了のホイッスルを聞いたとき、本当にホッとした。ボルシアMG戦は、絶対勝たないといけない試合だった。そして勝利を手にした。みんな、ボルシアMG戦の勝利に本当に喜んでいたよ。インターナショナルウィークに入る前に公式戦2連勝できて良かった。このままリーグ戦が続いても良かったと思ってる。チーム状況は、良い方向に向かっていってるからね。

 

それでも、まだリーグ順位は満足とはいえない位置にいますが・・・。

 そのことについては、間違いなく満足していない。僕たちの現在の勝点は少なすぎる。とりあえず今は、今後の試合に勝利していくことだけだ。FCアウグスブルク戦では100%の気持ちで臨み、ピッチ上でベストを尽くすだけだ。

 

前節のボルシアMG戦の走行距離が1番でしたね。何か特別士気が高まった理由はありましたか?

 監督の信頼に応えるためにも、とりあえず一生懸命プレーしたんだ。ナビル・ベンタレブと僕で中盤のスペースを潰し、連係してコンパクトな守備が出来たと思う。僕の運動量が少ないと批判していた人にも、僕がどれだけ力があるか証明することが出来て嬉しいよ。ボルシアMG戦の勝利で、みんなが褒めてくれて本当に幸せだ。でも、常に1番大事なことはチームの結果だ。シャルケがすべてだ。

 

これまでのところ、今シーズンをどう思いますか?

 僕の考えだと、浮き沈みが激しいシーズンかな。自分のことを信じること、下を向かないことが大事だ。シャルケ選手全員がチームに不可欠だと思う。みんな能力はあるし、プレーの質も高い。だから、シャルケはとてもバランスのとれた素晴らしいチームだよ。誰でも控えメンバーになったり、スタンド観戦を強いられる時がある。だけど、マルクス・ヴァインツィール監督は、どの選手とも話をする。監督は、僕に試合出場の機会がないからといって、評価していないわけではないと言ってくれた。僕がまた試合に起用されて、試合に勝利したことは、もちろん大きな自信になったよ。

 

インターナショナルウィーク期間のトレーニングは、どの部分を集中してやっていきますか?

 問題なのは、11人の選手が代表戦に参加するためチームを離れたことだ。だから、部分的に練習が難しいこともある。でも、その11人が自分たちの国を代表して戦えることを嬉しく思っているよ。