Gazprom

09.10.2016

ヘーヴェデス、途中出場で独代表の勝利に貢献

 10月8日(土)、W杯予選の第2戦が行われ、ドイツ代表はホームでチェコ代表に3-0で勝利した。ベネディクト・ヘーヴェデスは、68分からヨナス・ヘクターと交代で出場。試合終盤には、積極的に攻撃参加し、惜しいチャンスの起点となった。

 51,299人の観客が訪れたハンブルクでの一戦は、トーマス・ミュラー(13分、65分)とトニ・クロース(49分)のゴールでドイツ代表の勝利に終わった。この勝利でドイツ代表は、W杯予選におけるここ25試合で負けなしとなった。なお、もう1人、シャルケから代表に召集されているマックス・マイヤーは、出場しなかった。

 

 ロシアW杯予選の2試合終えて、ドイツ代表は勝点6でグループCの首位に立っている。次戦は、10月11日(火)の20時45分(日本時間 翌3時45分)から、ハノーファーで北アイルランドと対戦する。