K8 Gazprom

11.10.2016

エンボロとコラシナックが勝利

 ブレール・エンボロとズィアト・コラシナックが10月10日(月)、W杯予選でそれぞれ勝利を手にした。また、フィル・ノイマンとファビアン・レーゼはイングランドで開催中のU20の4カ国トーナメントで出場を果たした。schalke04.deが、各国代表に招集されているシャルケ選手の試合結果をまとめた。

エンボロは3連勝

 ブレール・エンボロ擁するスイスはグループBでアンドラと対戦し、2-1の勝利を挙げた。これによりスイスの戦績は3戦3勝となった。アンドラで行われた試合は、ファビアン・シェールがPKを決めてスイスが先制点(19分)を奪い、続いてアドミル・メーメディが追加点を挙げてリードを広げる。対するアンドラも、アディショナルタイムにアレクサンドレ・マルティネスのゴールで1点を返すが、スイス勝利という結果を覆すことはできなかった。シャルケのエンボロはこの試合にフル出場した。

 

コラシナックは2-0で勝利

 ズィアト・コラシナック擁するボスニア・ヘルツェゴビナは、キプロス相手に2-0で勝利した。シャルケの左サイドバックは先発出場し、64分までピッチに立った。ゼニツァで2得点決めたのは、元ヴォルフスブルク選手のエディン・ジェコ(70分、81分)。グループHで3試合を終えたボスニアの勝点は、現在6ポイントだ。同じグループHのベルギーとギリシャは、既に勝点9を獲得している。

 

シャルケ期待のユース選手、PK戦の末に敗北

 U20ドイツ代表はイングランドで開催された4カ国トーナメントの最後の試合でオランダと対戦した。90分が終了した時点で2-2だったため、試合の決着はPK戦に委ねられた。その結果、試合は2-4でドイツの敗北に終わった。リーで行われたこの試合に、フィル・ノイマンは先発出場し、ファビアン・レーゼは80分から途中出場した。グイド・シュトイライヒスビーア監督指揮下のU20ドイツ代表に得点をもたらしたのは、フィリップ・オクス(21分)とマルコム・バドゥ(58分)。オランダの得点者はケネス・パール(16分)とペレ・ファン・アメルスフォールト(74分)。U20ドイツ代表は3位で同大会を終えた。