Gazprom

12.10.2016

ドイツ代表が勝利もシャルケのコンビは出場せず、ババは1-1

 11月10日(火)、ドイツ代表はW杯予選第3戦で、北アイルランド代表と戦い2-0で勝利した。この試合でベネディクト・ヘーヴェデスとマックスマイヤーの出番はなかった。また、アブドゥル・ラーマン・ババは、ガーナ代表の一員として親善試合に臨んだ。それぞれの試合の様子をschalke04.deがまとめた。

ヘーヴェデスとマイヤーは出場せず

 ドイツ代表は、2018年ロシアW杯予選の第3戦でも勝利を飾り、グループCの首位に立っている。2-0で北アイルランドに勝利したこの試合では、ベネディクト・ヘーヴェデスマックス・マイヤーは90分間ベンチから戦況を眺めた。得点者は、元シャルケ所属のユリアン・ドラクスラー(13分)とケディラ(17分)。

ババはフル出場

 アブドゥル・ラーマン・ババ擁するガーナ代表は、南アフリカ代表と親善試合を戦い、1-1で引き分けた。南アフリカW杯の会場ともなったダーバンでの試合で、ババは90分フル出場を果たした。ガーナ代表のワカソ・ムバラクが38分にPKから先制点を挙げたが、南アフリカも52分にアヤンダ・ペトシのゴールで同点に追いついた。