Gazprom

25.10.2016

ドイツカップ2回戦・・・シャルケは勝利を目指す

 3-0で勝利したマインツ戦から3日後、すでに次の試合がシャルケを待ち受けている。10月26日(水)20時45分(日本時間27日(木)3時45分)からドイツカップ2回戦、対ニュルンベルク戦に臨む。目標はただ1つ、ベスト16に進出することだ。

 直近5試合負けなしを維持し、しかもそのうちの4試合に勝利しているシャルケは、次に敵地でニュルンベルクと対戦する。「勝利が我々に自信を与えてくれた」と、ヴァインツィール監督がニュルンベルクとのカップ戦前にコメント。そして、ここから「さらなる勝利を目指す」ことを明言した。また、「マインツ戦のようなパフォーマンスを引き出せれば、ニュルンベルク戦でも勝利できるはずだ。それでも試合はタフな展開になるだろう」と予想し、「ドイツカップでは可能な限り勝ち上がり、センセーションを巻き起こしたいと思っている」と目標を掲げた。

 

 しかし、ドイツカップで勝ち進むためには、フィジカル的にさらに力強く、メンタル面でもさらに熱く戦う必要がある。「1%でも力を抜けば、足りなくなってしまう」と気を引き締めるヴァインツィールは、低迷していたシーズン序盤を例に出し、「細かい箇所のミスがあり、我々は開幕から5連敗をしたんだ。日曜日の試合は効果的な試合運びが出来た。だからとても楽しかったし、一番良いのは、3日おきにそれを実現させることだ」と続けた。

 

 徐々に自信をつけ、調子を上げているきているシャルケだが、ニュルンベルクに関しても全く同じことが言える。なぜなら、ニュルンベルクもシーズンの序盤で躓き、最近になってようやくその遅れを取り戻してきているからだ。同チームは、ブンデスリーガ2部でシーズン開幕から6試合連続勝利から遠ざかり、それからの4試合では10ゴール1失点で4連勝している。したがってヴァインツィールは、「我々も100%の力で戦わないといけない。カップ戦にはカップ戦独自の空気がある。それは決して変えられないものだ。確かにニュルンベルクは格下かもしれないが、限界以上の力を引き出そうとしてくるだろう。だから、我々も同じくらい集中して、チームとして相手を上回らなければならない」と警鐘を鳴らした。

 

 また、長期離脱してる選手を除いては、ほとんどの選手が試合出場可能な状態にある。ただし、「軽傷」を負っているレオン・ゴレツカズィアト・コラシナックに関してだけはまだ不透明だ。とは言えヴァインツィール監督は、連戦が続いていることから、ほぼ毎試合先発メンバーを変更している。「毎試合、対戦相手によって正しい先発メンバーを選ぶようにしている。先発メンバーに必要な要素は、100%コンディションが整っているかどうかだ」

 

 カップ戦で生き残ったまま冬を越えるためには、まずニュルンベルク戦に勝たないといけない。ベスト16の組み合わせは、試合終了後23時45分(日本時間27日6時45分)から、抽選くじを引くリオ・オリンピック鉄棒金メダリストのファビアン・ハンビューヒェンに委ねられる。