Gazprom

28.10.2016

ダービー! 自信をもってBVB戦に臨むシャルケ

 10月29日(土)の18時30分(日本時間翌日1時30分)、いよいよボルシア・ドルトムントとのルールダービーが行われる。公式戦6試合連続で負けなしのシャルケは、自信と共にアウェイに乗り込む。

 試合速報は、schalke04.de上で逐一更新される。また、試合終了後にはシャルケTVで試合の動画やハイライトを観ることができる。

 

 ルールダービーについて多く語る必要はないということは、既にマルクス・ヴァインツィールもわかっている。シャルケの監督はBVB戦前の記者会見で、「この試合にどんな意味があるのか、選手全員がわかっている。高揚した気分だ。ファンと同様、チームもダービーを前に熱くなっている」と述べた。

 

 黒と黄色のチームとの対戦前の最後の2回のトレーニングを公開で行ったシャルケ。その理由についてヴァインツィールは、「この試合がどんな雰囲気で、ファンにとってどれほど重要な意味を持っているのかを選手たちに見せるためだ。選手たちはそれを感じ、この感情と共に試合に入るべきだ」と説明した。

 

 その際チームの助けとなるのは、この数週間続いているポジティブな結果だろう。シャルケは直近6試合の公式戦のうち、5試合で勝利している。ヴァインツィールは「我々は良い状態にあり、ポジティブな連続記録を続けて出来ることなら勝点3を獲得したい」と初めてのダービー戦を見据えた。監督と同様初めてダービーに臨むマネージャーのクリスティアン・ハイデルは、「わくわくしているし、楽しみにしている。我々は多くのプランを抱えている」と語った。

 

 対するドルトムントはこのところ、公式戦6試合で勝利したのは2試合のみと好調とは言えないものの、シャルケが対戦相手に対するリスペクトを忘れることはない。それというのもヴァインツィールが言う通り、「BVBには大変クオリティーが高く、素晴らしい選手がいる。彼ら相手に張り合わなければならない」からだ。しかしヴァインツィールは、「だが我々は最近成功を収めており、自信をもってドルトムントに乗り込む。チームは素晴らしい成長を遂げたが、土曜日にはそれを証明したい。ディテールと細かい部分が勝敗を分けるだろう。大変重要な勝点3がかかっている」と続け、意気込みを見せた。

 

 ダービー戦のメンバーに関しては、2人の選手の出場が疑問視される。その2人とは、レオン・ゴレツカフランコ・ディ・サントだ。両選手は10月27日(木)はそれぞれ個別トレーニングとなったが、10月28日(金)の最終調整には参加した。ヴァインツィールは2人について、「彼らがどんな状態か、最終調整を待たなければならない」とコメントした。

 

ダービー戦に関する統計データ

• ボルシア・ドルトムントとFCシャルケ04のルールダービーは今季、2009-10シーズンに土曜日夜の試合が導入されて以来、初めてトップゲームとして行われる。


• BVBがブンデスリーガで連続3試合勝利を逃すのは、トーマス・トゥヘルの監督就任以来2度目となる。前回同じことが起こったのは昨シーズンで、今季と同じく第6節から第8節まで勝利なしだった。


• シャルケはブンデスリーガ開幕5連敗後の3試合で合計7ポイントの勝点を獲得している。


• ドルトムントは現在、ブンデスリーガのホーム戦直近25試合で負けなし(21勝4分け)で、クラブ新記録を樹立した。


• ナビル・ベンタレブは前節、アルジェリア人としては初めて、ブンデスリーガで1試合2得点を達成した。