Gazprom

マイヤーの診断は足首の靭帯損傷

    不幸中の幸いで、シャルケがマックス・マイヤーを長く欠くことにはならなそうだ。同MFは、現地時間土曜日(10月29日)に行われたドルトムントとのレヴィアダービーで右足首の靭帯損傷を負った。この怪我により21歳の同選手は、現地時間木曜日(11月3日)のヨーロッパリーググループステージでのFKクラスノダール戦を欠場することになるが、現地時間日曜日(11月6日)のヴェルダー・ブレーメン戦には再び出場できる見通しだ。

 

    マイヤーは64分、センターライン付近でドルトムントのソクラティスからハードなファールを受け、数分後に交代を余儀なくされていた。