Gazprom

01.11.2016

ベネディクト・ヘーヴェデス:まだ勝点8だ

 ドルトムント戦で勝点1を獲得し、ここ7試合負けなしをキープしているFCシャルケ04は、今シーズン開幕からの5連敗から徐々に調子を取り戻している。シャルケ主将ベネディクト・ヘーヴェデスに休んでいる暇はない。シャルケを相応しい順位までしっかり戦い続けること明確にした。

ベネディクト・ヘーヴェデスが…

…ダービー戦について語る。

 満足できる結果だったよ。前半のプレー内容は良かったと思う。ディフェンスについて言えば、とても高い位置からプレスして、ドルトムントに何もさせなかった。後半は、何度か素早いカウンター攻撃ができた。もしかしたら、リードしていたかもしれないね。でも、残念ながらゴールを決めることが出来なかった。前半はとてもハードワークしていたから、後半少しペースが落ちてしまった。ドルトムントは終始ゲーゲンプレッシングをしていてとても運動量が多かった。だから、僕らはなかなかカウンターでチャンスを作ることが出来なかった。とても気持ちの入ったプレー、少しの運と素晴らしいディフェンスで失点を免れて、試合を引き分けで終われたよ。

 

…前半、ドルトムントが枠内シュートを打てなかったことについて語る。

 試合後に聞いたんだけど、どのチームも今までドルトムントに枠内シュートを前半のうちに打たれていた。ドルトムントみたいに攻撃的なチームとの試合で、枠内シュートを打たせないのはとても難しいことだと思う。僕らにとっては喜べる結果だと思うよ。とてもハードワークしていたからね。あの試合から勝点1しか獲得できなかったけど、嬉しいよ。実際、あの試合で僕らは本当に良く戦っていたと思う。

 

…ペナルティエリア内でのボールが手に当たったことについて語る。

 自分から手を出していないし、ボールが手に当たるなんて思輪なった。幸運にもレフリーが笛を吹かなくて良かった。ま、正しい判断だったと思うよ。


…3-5-2について語る。

 フォーメーションについては問題ない。僕らは上手くやっていると思う。ドルトムント戦後半のような受身になる戦い方をしてはいけないと思う。前半に少しハードワークをし過ぎてしまったからかもしれないけど。僕らは常にアクティブに試合をしないといけない。3バックは決して守備的な陣形じゃない。高い位置からプレスをして相手にミスをさせる守備がしたい。3バックが目的じゃなく、無失点が僕らの目標だ。

 

…今のシャルケについて語る。

 試合に負けていないことが続くのは嬉しいよ。特にドルトムントみたいな強いチームにも負けなかったことがね。ダービー戦では無失点だったし、これで7試合連続で負けていない。僕らはこのことについてとても喜んでいるよ。僕らはお互いを信じているし、常に冷静にいるように心がけている。これは本当に大切なことだと思う。だからタフな時期を皆で一緒に乗り切れたと思う。今は、ハードワークが良い試合内容に結びついているし、勝点も積み重ねられている。でも、1つポイントがある。次の11月6日(日)ホームでのヴェーダー・ブレーメン戦では順位をあげるためにも、必ず勝って勝点3を獲得しないといけない。まだ僕らは勝点8しかない。この時期に勝点8は少なすぎる。アウェイでのドルトムント戦は勝点1で良かったけど、次のホーム戦ではもう1度必ず勝点3を獲得しないといけない。