Gazprom

04.11.2016

ヴァインツィール「良い時間帯に得点できた」

 11月3日(木)、シャルケがEL第4節でクラスノダールと対戦し見事2-0で勝利した。マルクス・ヴァインツィールと対戦相手のイゴーリ・シャリモフ監督のコメントをschalke04.deがまとめた。

マルクス・ヴァインツィール:

 試合の序盤は難しい展開だったが、我々の得点はどちらも良い時間帯に決まった。リードがあったので、後半はうまく試合を進められた。無理なリスクを冒さなかった。
目標が達成できて、とても満足している。4試合を終えた段階で、1位突破を決められたことは誇らしい。来週からブンデスリーガに完全に集中できる。決勝トーナメントに進めることがもう決まっているのは、気持ちが良い。

 

イゴーリ・シャリモフ(クラスノダール監督):

 対戦相手が強かった。難しいことは試合前からわかっていた。失点をするまでは、ゲームをコントロールできていた。しかしゴールはシャルケのクオリティーを裏付けるものだ。最初のチャンスをしっかりと物にした。2-0になってから再び盛り返すことは困難だった。チャンスはあったが、生かすことができなかった。結果は残念だ。しかし、敗戦にもポジディブな面が見られた。今後もハードワークが必要だ。今日のような試合が我々をさらに成長させてくれるだろう。