Gazprom

14.11.2016

終了間際の失点でコラシナックが勝利を逃す

 ズィアト・コラシナックとアブドゥル・ラーマン・ババが11月13日(日)にW杯予選を戦ったが、同選手たちは勝利することが出来なかった。コラシナックは勝利まで、あと1歩というところで試合を引き分けで終えた。schalke04.deがボスニア・ヘルツェゴビナ代表とガーナ代表の試合結果を紹介する。

ボスニアが、試合終了間際に失点を許す

 ロスタイム5分まで1-0でリードしていたズィアト・コラシナック率いるボスニア・ヘルツェゴビナ代表は、敵地ギリシャで勝利をほぼ手中に収めていた。しかし、ギリシャ代表ゲオルギオス・ツァヴェラスにゴールを許し、1-1で試合を終えた。しかし先制点の場面では、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表に運が味方していた。それというのも、試合開始32分、ピャニッチのFKが左ポストに直撃し、跳ね返ったボールがギリシャ代表GKオレスティス・カルネジスの背中に当たりゴールに吸い込まれたのだ。コラシナックはこの試合にフル出場した。W杯欧州予選グループHは、第4節を終えて1位がベルギー(勝点12)、2位にギリシャ(勝点10)、3位にボスニア・ヘルツェゴビナ(勝点7)となっている。

 

ババがエジプト代表に敗れる

 ガーナ代表にとって良い日ではなかった。“ブラッック・スターズ“のアブドゥル・ラーマン・ババは、ロシアW杯アフリカ予選でエジプト代表と戦い2-0で敗戦敗北した。この敗戦でガーナ代表のW杯出場に黄色信号がともった。試合は43分にエジプト代表モハメド・サラーがPKで先制点を決め、後半終盤86分にアブダラー・エル・サイードが追加点を決めた。ババは、フル出場を果たした。ガーナ代表はここまでW杯アフリカ予選グループE全6試合中2試合を消化し、勝点1。首位のエジプト代表は、すでに勝点6を獲得している。