Gazprom

22.11.2016

ゴレツカ「連続記録を伸ばすため、全力を尽くす」

 チームと同様、このところ好調のレオン・ゴレツカ。21歳のMFはシャルケの試合で最も目立つ選手の1人であり、その活躍からドイツA代表にも招集された。ゴレツカは「今、とても楽しいよ。僕たちはチームとしてすごく上手く機能している、すべて順調だ」と語った。

 1-0の勝利を挙げた前節のヴォルフスブルク戦で、決勝ゴールを決めたレオン・ゴレツカ。そのシーンを振り返り、「チームを助けることができて、とても幸せだ。正直に言えば、あまり良いシュートではなかった。でもそんなものだ。全て上手くいっている時は、そんなことも僕たちにポジティブに働く」と喜ぶと、「見事なアシストをしてくれた」ズィアト・コラシナックを褒め称えた。

 

 アウェイで行われたヴォルフスブルク戦を、ゴレツカは勝って当たり前とは考えていなかった。「現在のリーグ順位は良くないかもしれないが、VfLは本当に良いチームだ。その彼らを倒さなければならない」と語ると、「長い間0-0のままだった。だが僕たちは繰り返し攻撃を仕掛け、勝利を信じていた。ハーフタイム中に決意を新たにし、更に力を振り絞らなければならないと言い合った。そして後半は、とても強いプレーを見せられたと思う」と続けた。

 

 この勝利により、シャルケは全大会合わせて10試合連続で負けなしだ ― 更にその内の8試合で勝利を収めている。ゴレツカは「素晴らしいことだし、普通のことではない。できるだけ長く続けられるように、トレーニングには毎回全力で取り組んでいる」と述べた。

 

 ヨーロッパリーグで既に決勝トーナメント進出を決めているシャルケは、11月24日(木)のニース戦にリラックスして臨むことができる。しかしシャルケの背番号8は、「もちろんこの試合でも勝利するつもりだよ」と強調する。そして同時に、「でも更に重要となるのは、日曜日のダルムシュタット戦で勝点3を獲得することだ」と、ブンデスリーガの次節にも目を向ける。ゴレツカは、特にカウンター攻撃を狙ってくるであろうダルムシュタットを手強い相手だと認識しており、「去年はホームでダルムシュタットに苦戦を強いられ、引き分けに終わった。今回は、もちろんもっと良い試合にするつもりだ」と誓った。