Gazprom

24.11.2016

シャルケ、ヨーロッパリーグで5連勝

 シャルケは11月24日(木)、ヨーロッパリーグ・グループ予選第5節でOGCニースと対戦し、2-0で連勝記録を伸ばした。ゴールを決めたのは、イェフヘン・コノプリャンカ(14分)とデニス・アオゴ(80分/PK)。この結果によりシャルケは、国内外の大会を合わせて公式戦11試合連続負けなしということになる。

コノプリャンカが先制点

 試合は均衡した立ち上がりを見せ、両チームともに臆することなく堂々とプレーする。まずチャンスを手にしたのはニースだったが、アナスタシオス・ドニスが1本目をポスト左に外し、2本目をバーに当て得点には繋がらない。すると14分、マックス・マイヤーが放ったミドルが相手ディフェンダーに当たりゴール前にこぼれる。それをGKカルダナルがキャッチするかに思われたが、まさかのハンブル。コノプリャンカがその隙を逃さず無人のゴールへ流し込んだ。シャルケは先制したあとも高い位置からプレスをかけ、相手に上手くビルドアップさせない。30分が過ぎると、ニースが再び攻勢に出るが、最後までシャルケの守備を崩すことなく1-0でハーフタイムを迎えた。

 

S04: フェアマン - リーター、ナウド、ケーラー – カイサラ、スタンブリ、アオゴ、ババ – マイヤー(46分レーゼ) - テクペテイ、コノプリャンカ(61分ベンタレブ⇔81分アヴディヤイ)
OGCN: カルダナル – スケ、ダンテ、ボスカリ – リカルド・ペレイラ(66分プラ)、エステバン – ボドメル – コジエッロ、ワルテル(70分マルセル) – ドニス、ベルアンダ(65分エイセリック)
GOAL: 1-0 コノプリャンカ(14分)、2-0 アオゴ(80分テクペテイ / PK)
イエロー: ケーラー / エステバン、ダンテ、ボスカリ、カルダナル
レッド: テクペテイ(イエロー2枚)
主審: アリヤル・アグハイェフ(アゼルバイジャン)
観客数: 51,504人

決定的チャンスを作り出せないニース

 後半開始と同時に、ファビアン・レーゼが今季初の公式戦出場を果たす。シャルケの生え抜きは、負傷したマックス・マイヤーに代わりピッチ入りし、すぐに存在感を発揮した。シャルケはすでにグループリーグ突破を決めているため、ニース戦での勝利が求められるわけではないのだが、後半に入ってもその勢いは衰えず、ゲームの主導権を握り続けた。

 

 ルシアン・ファーヴルは、もう一度ニースの攻撃を活性化させるため、フレッシュな選手を投入するが、その作戦が奏功することはなかった。むしろ、更なる危険なチャンスを生み出していたのはシャルケだった。すると80分、テクペテイが獲得したPKをデニス・アオゴが決め、リードを2点に広げる。そしてその直後、ドニス・アヴディヤイが途中出場し、プロデビューを飾った今夜2人目となった。試合は、2-0のまま終了している。