K8 Gazprom

03.03.2017

ボルシアMGと連戦、良いスタートを切りたいシャルケ

 FCシャルケ04は3月4日(土)、今後3度予定されているボルシア・メンヒェングラードバッハとの試合の最初の対戦に臨む。この3試合のうち2試合はヨーロッパリーグのラウンド16だが、今回はボルシア・パルクで行われるブンデスリーガ戦だ。監督マルクス・ヴァインツィールは、「絶対にこの試合を、我々にとってポジティブなものにしたい」と意気込んだ。

 同クラブとの国際大会での戦いに集中するのは、まずこのブンデスリーガ戦を終えてからだ。42歳のヴァインツィールは、「今重要なのはブンデスリーガ戦だ。この試合のために集中して準備を行っている。その後でヨーロッパリーグに焦点を合わせる」と断言した。現在のブンデスリーガの順位表を見ると、ボルシアMGとシャルケは同じような位置にいる。一方のメンヒェングラードバッハは勝点29で10位についており、他方のシャルケは勝点27で12位となっている。

 

 後季リーグ順位表でバイエルン・ミュンヘンの上位に位置する対戦相手について、ヴァインツィールは「ボルシアは直近の成功により自信を持って対戦に臨むだろう。あの地で勝点を手にするためには、良いパフォーマンスを出さなければならない」と気を引き締める。しかしシャルケは既に前季、ボルシアMGを見事に制している。シャルケは前季、同チーム相手に4-0の快勝を収めた。

 

 ボルシア・パルクでの試合にズィアト・コラシナックが出場するかどうかは、最終調整を待って決定される。ヴァインツィールは同選手について、「ミュンヘンで60分間プレーした後、少し痛みがあると報告してきた」と述べた。しかしその他には、DFBポカールのFCバイエルン戦後に問題を抱えた選手はいない。そのためシャルケ監督は、長期離脱者以外のほぼ全員からチーム入りメンバーを選びぶことができる。

 

 ヴァインツィールは、メンヒェングラードバッハ戦での先発メンバーについて明言は避け、「我々は現在過密日程の真っ只中だ、この24日間で8試合も行ってきた。正しい組み合わせを見つけることが重要になる」とだけ述べた。しかし「彼らも我々と同じだけの試合をこなしてきている」とヴァインツィールが言うように、高い負荷がかかっているのはシャルケだけでなく、メンヒェングラードバッハも同じだ。

 

ボルシアMG戦に関するデータ

  • 今週末のボルシアMG戦は両チームの試合マラソンの始まりだ。なぜなら5日後または12日後にも、両チームはヨーロッパリーグで対戦することになっているのだ。

  • シャルケは前季、ボルシアMGに4-0で完勝した。この試合までにブンデスリーガ開幕5連敗を喫していたシャルケにとって、このボルシアMG戦の勝利は苦しみからの解放となった。

  • シャルケとボルシアMGの対戦では、これまでに計246ゴールが記録されている。記念すべき250ゴール目はもうすぐだ。

  • ボルシアMGはホームで行われたブンデスリーガ直近8試合のシャルケ戦で、直近3試合を含む7試合で勝利を収めている。

  • ホルガー・バドシュトゥーバーはブンデスリーガで、ただ一1度だけゴールを決めている。それは2009年12月4日で、彼はバイエルンの選手としてボルシアMGからゴールを奪った。