K8 Gazprom

07.03.2017

シェプフ「ファイトを見せる」

 ブンデスリーガ戦敗北の後で、シャルケは3月9日(木)に再びボルシアMGと対戦する。しかし今回はヨーロッパリーグで、会場はフェルティンス・アレーナだ。アレッサンドロ・シェプフがschalke04.deに、2-4で敗北したメンヒェングラードバッハ戦やヨーロッパリーグ、そしてドイツのクラブ同士の試合について語った。

アレッサンドロ・シェプフのインタビュー

ボルシア・パルクでの敗北について:

 僕たちはチームとして良いゲームができなかった。この点に関して例外といえる選手はいない。メンヒェングラードバッハにはクオリティーの高い攻撃型の選手が多くいる。このようなチーム相手に守るのは簡単ではない。しかし後半の僕たちは、更に相手がしたいようにさせてしまった。ボルシアMGが比較的深い位置でカウンターを狙っていることはわかっていた ― それなのに、まさにそれを許してしまった。彼らは中盤でボールを奪うと、すぐに攻撃に転じた。だが今はこの試合から早く頭を切り替え、前を向かなければならない。

 

現在のリーグ順位について:

 今は順位表に目を向ける正しい時期ではない。僕たちはこれから再びより良いプレーをしなければならない。特に今度の木曜日にね! メンヒェングラードバッハでしたミスから、可能な限り早く頭を切り換えなければ。再び違う側面を見せたい、だって僕たちはもっと良いサッカーができるとわかっている。特に直近の2試合では、競り合う姿勢が足りなかった ― 僕たちはそこから始めなければならない。1対1のシーンで全力を尽くすことは、ピッチに立つ選手全員にとって義務だ。

 

ヨーロッパリーグについて:

 ヨーロッパリーグの2試合では多くのことが可能だ。そのことをスタジアムにいるファン全員が目にしなければならないし、僕たちがピッチで示さなければならない。本当に全力で臨み、この2試合に勝たなければならない。僕たちはこれまでにも良いゲームができることを証明してきた。僕たちはそのようなゲームを思い出し、再び示さなければならない。犯したミスを繰り返さず、ファイトを見せられるように全力を尽くさなければならない。

 

ドイツのクラブ同士の対戦について:

 4-2で勝利していたなら、もちろんより楽だろう。でも次の試合は再び0-0から始まる。良い守備をし、無失点に抑えることが重要になる。そして、手にしたチャンスを100%容赦なく使うために、前に向かって賢いプレーをすることも。そして僕たちがチームとしてピッチで更に団結することと、より一層の努力をし、特に対人勝率を上げることも大切だ。僕たちはもっと良い試合ができることを、全ての人々に見せたいんだ。