Gazprom

12.03.2017

チュポ=モティング「全力を尽くした」

 3-0の白星を挙げたFCアウグスブルク戦後、シャルケの選手たちは晴れやかな顔を見せていた。schalke04.deが、ギド・ブルクシュタラー、エリック・マキシム・チュポ=モティング、ベネディクト・ヘーヴェデスのコメントを紹介する。

ギド・ブルクシュタラー:

 僕は単純にピッチでベストを尽くしているだけだよ。そしてチームを助けたいと思っている。これまでのところ、それはとても上手くいっている。今日は肌が粟立つようだった、最高の気分だよ。チーム全体がとても良いプレーをした。僕がもらったようなアシストがあれば、ストライカーはただ正しい位置からボールをラインの向こうに押し込めばいいだけだ。ファンは今日もまた素晴らしいサポートをしてくれた。この勝利をとても幸せに思う。重要な勝点3だ。僕たちはこれからも同じようなプレーを続け、自分たちを信じなければならない。そうして、最後にどんな結果になるかみてみよう。

 

エリック・マキシム・チュポ=モティング:

 僕たちは既にグラードバッハ戦で良いパフォーマンスを示していた。そして今日は、更に自分たちのチャンスを活かすことができた。全く相応しい勝利だ。僕たちは、考えていたプランをピッチで実現した。もしかしたら実際よりも簡単に見えたかもしれない。僕たちは全力を尽くした。このように全て上手くいって嬉しいよ。選手一人ひとりが力強いプレーをした。2-0の時は、僕に運があったんだ。このような1対1のシーンこそが僕の仕事だ。そのようなシーンを常に探し、勝てるように努めている。アシストが上手くいって良かったよ。さて、次の僕たちの大きな目標は、ヨーロッパリーグで勝ち進むことだ。

 

ベネディクト・ヘーヴェデス:

 試合の流れを上手く掴み、グラードバッハ戦で見せた情熱と闘志と共に試合に臨んだ。それに相応しいパフォーマンスを前半に出すことができた。後半は特に最初の10分間に少し間延びしてしまったね。この時間帯の僕たちはあまり集中できていなかった。だがその後は僕たちが再び試合を支配したし、落ち着いて辛抱強くプレーした。派手なシーンはなかったにしても、更なるビックチャンスも作り出した。次の木曜日には、再び大きな課題が僕たちを待ち受けている。厳しい一戦になるだろうが、僕たちは成し遂げなければならない。でも僕たちにはできるとわかっている。自信をもってメンヒェングラードバッハに向かうよ。