K8 Gazprom

23.03.2017

コケが復帰戦で1ゴール奪う

 FCシャルケ04は3月23日(木)、メインスポンサーであるGAZPROM主催のチャリティーマッチ、対ハノーファー96戦に臨んだが1-3で敗れた。シャルケは多くの主力メンバーを欠き、2軍メンバーでこの試合を戦った。

 現地時間18時30分から始まった試合でコケが試合復帰を果たした。2016年の夏に膝に重傷を負ったコケは、キャプテンマークを巻いてこのゲームに出場した。そして、56分にスコアを1-1とするヘディングゴールを奪っている。


 同じく怪我で長期戦列を離れていた内田篤人も再びこの試合の先発メンバー入りを果たす。ここ最近、この28歳の日本人SBは内転筋に問題を抱えていた。今年最初のFIFAが設けたインタナショナルウィークのため、マルクス・ヴァインツィールは各国代表に招集された10人のシャルケ主要メンバーを欠いて、現在ブンデスリーガ2部で4位のハノーファー96とのチャリティーマッチに臨んだ。加えて、ここまで多くの試合に出場した選手たちに休みを与えている。


 この状況はユース選手にとって自身の実力を示す機会となった。U23に所属するウェストン・マッケンニー、フィル・ハルプバウアー、トビアス・フレクシュタイン、ルケ・ヘメリヒの4名が先発に起用された。同じくU23のカイ・ヴァグナー、イドリッサ・トウレ、トヨルベン・ウプホッフ、U19に所属するニック・タイテキューが試合途中からピッチに送り込まれた。


 試合開始から若手エリート主体のシャルケは、ブンデスリーガ経験チームであるハノーファー96と良いプレーを披露するが、13分にシャルケGKアレクサンダー・ニューベルが先制点を許す。シャルケのエリア付近でFKを得たホームチーム。そして、エドガー・プリプが蹴ったFKをニクラス・ヒュルクルングが頭で合わせシャルケゴールのネットを揺らした。その15分後、同FWにもう一度ゴール前数メートルの場所でチャンス迎えるがシュートを外してしまう。ホームチームが前半を支配していたが、フェリックス・クラウスとアルトゥル・ゾビエヒもチャンスを得たがネットを揺らせなかった。前半シャルケのチャンスはフランコ・ディ・サントがクロスに合わせられなかった場面とバーナード・テクペテイが32分にシュートを放ったがゴール枠から外れた。

 

H96:ラドリンガー – アルボルノス、アントン、ヒュプナー(76分アルケンバーグ)、ソーク(76分ランコヴィッチ)– バカロルツ、プリプ(76分バルメルト)、シュミーデバッハ(76分スレイマニ)、クラウス- ヒュルクルング(76分フート)、ソビエヒ(76分ディアーセン)
S04:ニューベル – 内田、ビター(46分ウプホッフ)、フレクシュタイン、ヘメリヒ(82分タイテキュー)- コケ、リーター、マッケンニー(75分トウレ)、ハルプバウアー(67分ヴァグナー)– ディ・サント 、テクペテイ
GOAL:1-0 ヒュルクルング(13分)、1-1 コケ(55分)、2-1 プリプ(60分)、3-1ソビエヒ(70分)
主審:シュタインハウス(ランゲンハーゲン)
観客数:6,500人

 後半開始から約10分でシャルケが同点に追いつく。この試合のシャルケ主将コケが、左サイドにいたフランコ・ディ・サントからのクロスを頭で合わせ、ゴール右に流し込んだ。このスペイン人は自身の試合復帰をゴール(1-1)で飾ってみせた。しかし、その4分後にハノーファーのエドガー・プリプがシャルケエリア内で強烈なシュートを放った。シャルケGKニューベルの手を弾いたボールは、ゴールに吸い込まれ、ハノーファーが再び1点リードする。そして70分、ホームチームが3点目を奪う。右サイドを突破されたシャルケはゴール前にいたアルトゥル・ソビエヒにフリーでシュートを打たせてしまう。ニューベルが一度防いだが、弾いたボールを再びソビーヒがつめてネットを揺らした。試合はそのまま3-1で終わりを迎えた。

 

 この試合の利益はすべてソーシャル・プロジェクトのために使われる。『Project Bolyplatz』が集中して行っていることは、ニーダーゼクセン州都ハノーファーと共に同地域のユースサッカーの促進である。この試合を通して集まった利益はハノーファー地域にある荒れた場所の整備費に当てられ、サッカー好きの若い人たちが、その場所で継続してサッカーを楽しむことが可能となる。

 


 試合終了後にマルクス・ヴァインツィールが、「今回の試合結果は私にとって重要ではない。今日は違う理由でここにいるんだ。長期離脱していたコケ、内田篤人、フランコ・ディ・サントは90分間プレーできることを示してくれた。今後の試合で、彼らは再び選択肢の1つになるだろうね。そして、我々はユースチームに所属する多くの若手選手に出場機会を与えた」とコメント。シャルケ指揮官は今日の試合で全選手が彼らの能力をよく見せてくれたことを称賛し、大きな野望を持ち、バランスのとれたチーム相手に良い試合をしたと話した。最後にヴァインツィールが、「タイトな試合だった」と述べた。