K8 Gazprom

13.04.2017

フンテラール「アヤックスは相手を圧倒しようとする」

 クラース=ヤン・フンテラールにとって4月13日(木)にアムステルダムで行われるヨーロッパリーグ準々決勝1stレグは、自身の過去を巡る旅路でもある。なぜなら彼は2006年から2009年までの3年間、アヤックスのユニフォームを纏いプレーしていたからだ。この間33歳のFWは100ゴール以上を、オランダリーグ最多優勝を誇るチームのために決めている。

    フンテラールは「アムステルダムではとても良い時間を過ごしたよ」と語り、こう続けた。「だけどもちろんアヤックスには勝ちたいし、準決勝へ進みたいとも思っている。1stレグでいい結果を残し、自分たちのホームスタジアムで勝負を明白にしたいね。ヨーロッパリーグは今季僕たちが大きな成果を挙げることができるであろう、素晴らしい大会だ」。

 

アムステルダムはチームとして非常によく機能している。

クラース=ヤン・フンテラール

    2010年のワールドカップで準優勝を果たしたこのオランダ代表選手は、今でもよく過去自分が籍を置いたアヤックスの試合を追っているという。フンテラールは「アヤックスは高い技術を誇る若い選手たちを揃えた良いチームだ。チームとして非常によく機能し、パスワークに長け、どんな対戦相手も圧倒しようとする」と相手チームを分析し、「僕たちはそれに抵抗しなければならない」と述べた。

 

    個人的な将来の見通しについては、フンテラールはあまり多くを語らなかった。「今大事なのはヨーロッパリーグの試合で成功を収めることであって、僕じゃない。今は完全にシャルケに集中している」と彼は言い、「数ヶ月後に何が起こるかは、その時にわかるよ」と語った。