K8 Gazprom

14.04.2017

ヴァインツィール「アヤックスの好きなようにさせてしまった」

 アムステルダム・アレーナで行われたヨーロッパリーグ準々決勝1stレグを終えた後、マルクス・ヴァインツィールとピーター・ボスがこの一戦を振り返った。schalke04.deが両監督のコメントをまとめた。

マルクス・ヴァインツィール:

 アヤックスに祝福の言葉を贈りたい。彼らは勝利に値した。我々は良い試合を出来なかったし、試合前に準備していたことを実行に移せなかった。攻撃の場面ではボールロストが早過ぎた。そして、守備の場面では頻繁に指をくわえて見ていただけだった。アヤックスの攻撃は1対1から始まった。我々は個々の戦いでアヤックスの勇気を奪いたかったが、我々はそれをしなかったし、逆に相手に好きなようにさせてしまったよ。後半は、ラルフ・フェアマンが非常に良くゴールを守ってくれた。我々がたった2-0で敗戦できたのも、彼がいたからだ。我々はこの一戦を早急に処理する必要がある。2ndレグではパフォーマンスを示さなければならない。我々は今日より良い試合が出来ると思う。なぜなら、我々は今シーズンそれを既に証明しているからだ。

 

ピーター・ボス:

 当然、私はこの試合に満足しているが、試合スコアには全く納得していない。我々は良い試合をしたし、多くのチャンスを作った。さらにボールキープも良かったね。我々は最終的にもっと点差をつけて勝利できたはずだ。そのチャンスは幾度かあった。私が非常に好んだことは、ファンと選手たちがフィールド上で一緒に戦ったことだよ。それは素晴らしかったと思う。