Gazprom

21.04.2017

力を蓄え、再び戦う

 アヤックス・アムステルダム戦で苦い敗退を引きずりながら、同時に次の厄介な試合であるRBライプツィヒとの試合がすでに目の前まで迫っている。「素晴らしいヨーロッパカップの夜だった。残念ながら、間違った結果になってしまったがね。難しい状況だとしても、我々は早急に頭の中をクリアにする必要がある」と、マルクス・ヴァインツィールが4月23日(日)現地時間17時30分(日本時間24日(月)0時30分)からフェルティンス・アレーナで行われる一戦を前に説明した。

 アヤックス・アムステルダム戦で苦い敗退を引きずりながら、同時に次の厄介な試合であるRBライプツィヒとの試合がすでに目の前まで迫っている。「素晴らしいヨーロッパカップの夜だった。残念ながら、間違った結果になってしまったがね。難しい状況だとしても、我々は早急に頭の中をクリアにする必要がある」と、マルクス・ヴァインツィールが4月23日(日)現地時間17時30分(日本時間24日(月)0時30分)からフェルティンス・アレーナで行われる一戦を前に説明した。

 

 「我々は疲労困憊だが一方で、相手チームはしっかりと休めている」と、42歳のシャルケ監督が話した。加えて非常に重要なことは、試合開始まで再び体力を蓄えることである。そして、シャルケはブンデスリーガで好調のライプツィヒと戦う。現在ブンデスリーガ2位のライプツィヒは直近の4試合で4勝を収め、この期間中にライプツィヒ以上のゴールを決めたチームはなく、彼らが許した失点もごく僅かである。

 

 この連勝を続けているRBライプツィヒは今シーズン4位以内を決めた。さらにあと2勝するとチャンピオンズリーグ・グループステージ出場権を獲得することになる。「ライプツィヒは非常に速いスピードでプレーするチームだ」と、ヴァインツィールは分かっている。だが、彼らを止めることは可能だ。ヴァインツィールは、「アヤックス戦と同じパフォーマンスを披露したい」と話した。

 

 リーグ2位との対戦を控えるシャルケのメンバー状況は未だに不透明だ。レオン・ゴレツカの試合メンバー入りに大きな疑問符が付いている。彼は20日(木)夜のアヤックス・アムステルダム戦で顎が外れていた。「彼がプレーするかはドクターが決める」と、シャルケ指揮官がゴレツカについて言及した。ズィアト・コラシナックも同様に試合出場が危ぶまれている。太腿に問題を抱えていた後、コラシナックは昨日のアヤックス戦で120分間プレーした。続けてヴァインツィールは、「セオとその他の選手の様子については、どのくらい疲労が溜まっているか見る必要がある」と語った。

 

 ティロ・ケーラー(退場処分)の欠場は決まっている。ヨーロッパリーグに登録されていないコケは再び試合メンバーに加わるだろう。エリック・マキシム・チュポ=モティングが万が一、チーム練習に復帰したとしても、試合メンバーに加わるかは不透明である。「予測を出すのは難しい。彼は今シーズン、これ以上プレーできないかもしれない」と、シャルケ監督が述べた。同カメルーン選手は膝の問題を抱えて苦しんでいる。

 

RBライプツィヒ戦に関するデータ

  • シャルケは前節のダルムシュタットとのアウェイ戦で26本のシュートを放ち、今シーズンのクラブ記録を更新した。しかしこの試合は1-2でシャルケの敗北という結果に終わっている。
     
  • RBライプツィヒのスポーツディレクターであるラルフ・ラングニックは、過去に2度(2004年9月~2005年12月、2011年3月~9月)シャルケの監督だったことがある。その期間で同氏にとっての最大の成功は、2011年3月のDFBポカール優勝だ。
     

  • ライプツィヒは直近4試合で獲得可能な勝点12ポイント全てを手に入れている。また同クラブは4月に行われた試合で現在までに得失点差12:2を記録しており、ブンデスリーガにおいて今月最も大きな成功を収めている。
     

  • 今季昇格したばかりのライプツィヒだが、来シーズンにヨーロッパの舞台で行われる大会に出場することが決定している。リーグ4位以上で今季を終えるのは確実で、チャンピオンズリーグ直接出場権のクラブとはわずか6ポイントの勝点差があるだけだ。