Gazprom

27.04.2017

ハイデル「ホーム戦の雰囲気を忘れず」

 シーズン終了までに獲得可能な勝点は、残り12ポイントとなっている。可能であればそのうちの3点を、シャルケは4月28日(金)にレヴァークーゼンで奪取するつもりだ。クリスティアン・ハイデルはschalke04.de で目前に迫ったバイ・アレーナでの一戦、シャルケのサポーター、また来季のメンバー構想について語った。

クリスティアン・ハイデルのインタビュー

現時点での順位表の状況について

    ヨーロッパリーグ圏内に食い込むつもりならば、他のクラブの助けが必要となる。だが何よりも重要なのは、まず自分ら勝点を奪い、良いシーズンの締め括りをすることだ。それが可能であることが、なにより望ましい。

再び大声援の後押しを受けると確信している

クリスティアン・ハイデル

レヴァークーゼンについて

 レヴァークーゼンは全く違った順位に位置することができるポテンシャルを持つチームだ。だがそれは他のクラブにも通じる。対戦相手を彼らが現在つけている順位で推し量ることは許されず、何が待っているか自覚する必要がある。我々の目標は、バイ・アレーナで自分たちのプレーを貫くことだ。

ファンのサポートについて

 再び大声援の後押しを受けると確信している。これは確実に我々のチームを助ける、重要な要素の一つだ。今年アウェーでの我々は、まだ決して芳しくはない。レヴァークーゼンでホームゲームの雰囲気を頼りに、我々は頭の中でヴェルティンス・アレーナにいるのだと想像するつもりでいる。

来季の新加入選手について

 もし我々の構想が既に新聞に載っていたら、私はそれを非常に拙いと感じるだろう。だが全てのファンは我々が精力的で、何をするつもりかしっかり理解していると信じてもらって構わない。だがそれを外に洩らすつもりはない。今までも私はそうしてきた。