K8 Gazprom

31.05.2017

8人のシャルカーが代表戦へ

 多くの選手にとって既にシーズンは終わっているが、レオン・ゴレツカ、ドニス・アヴディヤイ、ナビル・ベンタレブ、ギド・ブルクシュタラー、イェフヘン・コノプリャンカ、マティヤ・ナスタシッチ、ティロ・ケーラー、そしてマックス・マイヤーには、まだ各国代表としての試合が残っている。

 レオン・ゴレツカはドイツ代表としてコンフェデレーションズカップに臨む。ドイツ代表は現ワールドカップ・チャンピオンとしてロシアで行われる同大会の参加資格を手にし、グループ予選でアジア王者のオーストラリア(6月19日)とコパ・アメリカ勝者のチリ(6月22日)、更にアフリカネイションズカップ王者のカメルーン(6月25日)と対戦する。

 

 ロシアに向けて出発する前に、監督ヨアヒム・レーヴ率いるドイツ代表はまず6月6日にコペンハーゲンでデンマークと親善試合を行う。そして6月10日にはニュルンベルクでサンマリノとW杯予選を戦う。

 

 その翌日の11日には、4人のシャルカーがW杯予選に臨むことになっている。オーストリア代表のギド・ブルクシュタラーはアウェイでアイルランドと対戦し、ドニス・アヴディヤイはコソボ代表としてトルコとの試合に臨む。セルビア代表のマティヤ・ナスタシッチはウェールズと、そしてウクライナ代表のイェフヘン・コノプリャンカはフィンランドと戦う。コノプリャンカはその他、6月6日に行われるマルタとの親善試合にも招集されている。

 

 コノプリャンカ同様、2試合の代表戦に臨むのはナビル・ベンタレブだ。同選手擁するアルジェリア代表は6月6日にギニアと親善試合を行い、その5日後にトーゴ相手にアフリカネイションズカップ予選を戦う。

 

 U21ドイツ代表に招集されているのは、ティロ・ケーラーマックス・マイヤーだ。2人はポーランドで行われるU21欧州選手権に向け、23人の仲間と共に6月1日(木)からグラッサウで行われるトレーニングキャンプに参加する。ケーラーとマイヤー擁するU21ドイツ代表は、U21欧州選手権予選でチェコ(6月18日)、デンマーク(6月21日)、イタリア(6月24日)と対戦する。