K8 Gazprom

01.06.2017

フンテラールがアヤックスへ復帰

 シャルケとの契約満了後、クラース=ヤン・フンテラールは彼の故郷オランダへ移籍した。6月1日(木)、33歳になる同選手は2016ー2017シーズンのヨーロッパリーグ・ファイナリストへ新加入選手として発表された。契約は2018年6月30日までとなっている。

 この7年間シャルケブルーのユニフォームを身に纏いゴールを量産したストライカーにとり、この移籍は彼の古巣への帰還となる。既に2005ー2006シーズン後季から2008ー2009のウィンターブレイクまで、フンテラールはオランダリーグ最多優勝を誇る古豪へと属していた。その際通算137試合に出場、合計105得点を決める活躍をしている。


 2010年夏にACミランからルール地方へ拠点を移して以来、同ストライカーはシャルケでブンデスリーガ通算175試合、82得点を記録。シャルケの選手としてブンデスリーガ1部でこれを越える得点数を記録した選手はクラウス・フィッシャーのみである。DFBポカールにおけるフンテラールの通算キャップは15試合(13得点)となっている。特筆すべきは彼のヨーロッパトーナメントにおける得点率の高さだ。青と白に彩られたユニフォームに袖を通しチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグで出場した計49試合において、フンテラールは31得点を決め歴代ゴールラインキングリストに名を残すことになった。彼はエッベ・サンドに大差をつけ、シャルケのヨーロッパトーナメント歴代得点王としてランキング1位に君臨している。

  

 フンテラールがシャルケで掴んだ最も輝かしい栄誉は2011年のDFBポカール優勝と言えるだろう。決勝のMSVデュイスブルク戦で彼は2得点を決め5ー0の勝利に貢献した。また同シーズンにはチームメイトと共にチャンピオンズリーグ準決勝へ駒を進めた。世界的に最も重要な意味を持つW杯で2010年に銀メダル、その4年後にはブラジルで銅メダルを手にした同オランダ人選手は、その翌シーズンにブンデスリーガの得点王に与えられる大砲を手にしている。通算29得点を決めフンテラールは1975ー76シーズンにクラウス・フィッシャーが打ちたてたクラブのシーズン最多得点記録を更新したのである。