Gazprom

07.06.2017

デンマーク戦で良いパフォーマンスを見せたゴレツカ

 6月6日(火)にデンマークで開催され1−1のドローに終わった試合に、レオン・ゴレツカはドイツ代表の先発メンバーとして出場した。同選手はテストマッチで77分プレーし、ドイツ代表において良いパフォーマンスを見せた選手の一人だといえるだろう。

 ホームチームの先制点はクリスティアン・エリクセンがもたらした。トットナム・ホットスバーに籍を置くミットフィールダーは18分にゴールを奪うことに成功する。試合終了まで120秒を残しドイツ代表がついに同点に追いつく。ゴールを決めたのはバイエルン・ミュンヘンのヨスア・キミッヒだった。

 

 ゴレツカは試合開始から30分を経過した時点で、同点弾を決める良いチャンスを掴んだが、ゴール前20メートルの距離から同選手の放った狙い澄ましたシュートは、デンマークのゴールキーパー、フレデリク・レノウが素晴らしいセーブを見せゴール左に決まることはなかった。ゴレツカは試合後「僕たちは試合前に一度しか合同で練習を行うことができなかった。それにしては良かったと思う。もちろん勝ちたかった。でも試合終了間際に同点にできたならば、引き分けで満足しなければいけないね」と語っている。

 

 ドイツ代表は6月10日(土)に行われるワールドカップ予選で重要な任務を控えている。ニュルンベルクで彼らを迎え撃つのは未だ勝点のないサンマリノ代表である。ヨアヒム・レーヴ監督率いるチームはサンマリノとの第1戦を8ー0で圧勝している。その後ドイツ代表はコンフェデレーションカップへ向けて旅立つ。ロシアで行われるこのトーナメントで暫定世界王者は、予選でアジア王者のオーストラリア代表、コパ・アメリカ優勝国のチリ代表とアフリカカップ勝者のカメルーン代表と対戦する。


コノプリャンカ、驚きの敗戦を喫する

 イェフヘン・コノプリャンカはウクライナ代表と共に、マルタ代表相手に0-1の結果で驚きの敗戦を喫した。27歳の同選手はオーストリアのグラーツで行われたテストマッチで後半開始と同時に交代出場を果たしている。アンダードックと目された対戦相手は、同選手の交代の時点で既にザック・マスカットが14分に決めた先制点で試合をリードしていた。後半からの猛攻にも関わらず、2012年ヨーロッパ選手権開催国は敗戦を避けることはできなかった。このテストマッチは6月11日(日)にフィンランド代表を相手に行われるワールドカップ予選の前哨戦となっている。