Gazprom

11.06.2017

ゴレツカ、ドイツ代表と共に圧勝を祝う

 ドイツ代表は6月10日(土)、ワールドカップ予選サンマリノ戦で危なげなく勝利を手にした。ニュルンベルクで行われた同試合を、代表監督ヨアヒム・レーヴ率いるドイツ代表は7-0の大勝で飾っている。シャルケのレオン・ゴレツカはデンマークとのテストマッチに続いて先発メンバー入りし、サンマリノ戦では90分間フル出場を果たした。

 現ワールドカップ・チャンピオンのドイツにゴールをもたらしたのは、ユリアン・ドラクスラー(11分)、ザンドロ・ヴァーグナー(16分、29分、85分)、アミン・ユネス(38分)、シュコドラン・ムスタフィ(47分)、そしてユリアン・ブラント(72分)だ。これでドイツはW杯予選6試合目にして6勝目を挙げた。またドイツは、ロシアで行われるコンフェデレーションズカップ前最後の試合で好成績を収めたことで、良い形で同大会に臨むことになる。

 

 次回Wカップ開催国のロシアで行われるコンフェデレーションズカップで、ドイツ代表はまず、6月19日(月)にアジア王者のオーストラリアと対戦する。ドイツはその後、6月22日(木)にコパ・アメリカ勝者のチリ、6月25日(日)にアフリカネイションズカップ勝者のカメルーンと戦う。