Gazprom

16.06.2017

シャルケが中国でベシクタシュとインテルと対戦

 FCシャルケ04のプロチームは7月16日から22日にかけて中国に滞在する。シャルケは現地でトップクラスのクラブと親善試合を行う。

 シャルケは7月19日現地時間19時50分(日本時間20時50分)、まずは珠海市の珠海スポーツセンターでベシクタシュJKとの親善試合に臨む。以前ブンデスリーガでもプレーしていたデンバ・バやトルガイ・アルスラン擁するベシクタシュは2016-17シーズンもトルコリーグ優勝を果たし、2年連続で同タイトルを獲得した。

 

 中国で2つ目の親善試合は7月21日に常州市で行われる。シャルケはこの日、つい先日ルチアーノ・スパレッティを監督に迎えたインテル・ミラノと対戦する。ストライカーのマウロ・イカルディと元ブンデスリーガ選手のペリシッチ擁するインテルとの試合は、常州オリンピック・スポーツセンターで現地時間19時(日本時間20時)にキックオフだ。

 

 この2つの親善試合以外にシャルケのプロチームは中国でトレーニングを行うが、その他にも『ニーハオ、中国』という今回のツアーのモットーに基づき、サイン会やファンクラブ・イベント、多くのPR活動を通じて、現地のファンと交流する予定だ。

 

 中国でのシャルケの様子を見るために個人的に上海に旅行するファンは、親善試合のチケット手配や試合会場への移動手段について、あらかじめFCシャルケ04のファンクラブ事務局(fanbelange@schalke04.de)にご相談ください。