Gazprom

シャルケとアディダス、2018年にパートナーシップを終了

 長年にわたるアディダスとのパートナーシップ延長について長らく話し合った結果、FCシャルケ04はパートナーシップ延長の申し出を受けないと決断した。

 

 マーケティング部門責任者のアレクサンダー・ヨブストは、この決定について「ここ数ヶ月の我々の意思決定は、戦略上重要な3つのポイントに着眼して行われた。その3つとは、価値、経済性、アイデンティティだ。そのため、アディダスとの関係延長の申し出を受けないと言う決断に至った。この場を借りて、これまでの10年間の提携に改めて感謝したい。だが我々は当然、このパートナーシップを2018年6月30日の契約終了まで成功と共に続けていく」と説明した。

 

 アレクサンダー・ヨブストは来週日曜日、2017年6月25日に行われるFCシャルケ04の会員総会で、このテーマについてクラブの会員に更に詳しい情報を提示する予定だ。