K8 Gazprom

 休暇は終わり、7月8日(土)からナビル・ベンタレブギド・ブルクシュタラーマティア・ナスタシッチの3選手がゲルセンキルヒェンへと戻っている。3選手はシーズン後も母国の代表戦に出場した為事前の取り決め通り他の選手に7日遅れてチームに合流を果たした。

 3選手はまずチームメイトが既に先週中に済ませたフィジカルテストを行っている。彼らは7月9日(日)には前日にSpVggエルケンシュヴィックとのテストマッチで9−1の勝利を収めた後のトレーニングに参加した。その際新監督のドメニコ・テデスコと長時間に渡り話し合いを行っている。

 コンフェデレーションズカップで優勝を飾ったレオン・ゴレツカ、またU21欧州王者となったティロ・ケーラーマックス・マイヤーフェリックス・プラッテは現在も余暇を楽しんでいる。上記の4選手のゲルセンキルヒェン帰還は7月12日(水)となっており、その後4選手のトレーニングプログラムについて話し合いが持たれる予定だ。