K8 Gazprom

10.07.2017

シャルケがFCナントからアミーヌ・アリ獲得

 ついに全ての書類が揃った。FCシャルケ04は仏リーグ・アンのFCナントからアミーヌ・アリを獲得した。1997年6月18日生まれで現在20歳の同選手は、シャルケと2021年6月30日までの4年契約を結んだ。監督ドメニコ・テデスコ率いるチームで、アリは背番号25番をつけることになる。両クラブは移籍金の非公表で合意している。

 シャルケ監督のドメニコ・テデスコは、「アミーヌは確かな技術を持った選手で、力強くテンポのあるドリブルができ、更に守備も素晴らしい。彼は勇敢なプレーでチャンスを作ろうとするし、それによって違いを生み出すことができる。彼と契約できたことを喜んでいる」とこの新加入選手について説明した。

 

 スポーツマネージャーのクリスティアン・ハイデルは、「交渉は簡単ではなかったが、だからこそ、全ての手続きを終えてこの移籍を実現できたことを大変嬉しく思う」と語った。フランスのリーグ・アンの統計データによると、アミーヌ・アリは昨シーズン、同リーグで2番目にドリブルの強い選手だった。

 

 アミーヌ・アリ自身、「この移籍は僕のキャリアにとって大きな一歩だ。このようなクラブなら、僕がなりたいと思っているような選手に成長できると確信している」と、シャルケへの移籍を喜んでいる。同選手にとって、シャルケは全く知らないクラブではないようだ。アリは「シャルケのことは大分前から知っている。ラウール、そしてチャンピオンズリーグの試合を通じてね。当時も、昨年のヨーロッパリーグのニース戦も見ていたよ」と打ち明けた。アリは自身について、「1対1が好きで、攻撃型ならどのポジションでもプレーできるし、監督の言うことを全てやる」選手だと分析している。

 

 U20フランス代表の1員であるアリは、昨シーズンにFCナントのユース部門からプロ昇格を果たし、同クラブでリーグ・アン30試合に出場した。

 

 2016年夏にドイツで行われたU19欧州選手権では、フランス代表としてタイトルを獲得。同選手権で5試合に先発出場し、イタリアに4-0で勝利した決勝の2得点を含む3得点のアシストを記録した。アリは同選手権のベストイレブンに選ばれている。

 

 また、2017年6月に韓国で行われたU20ワールドカップにもフランス代表として参加。3試合に出場し、1得点を挙げた。