K8 Gazprom

17.07.2017

上海空港で青と白の歓迎を受ける

 シャルケの中国ツアーグループは7月17日(月)にほぼ15時間以上のフライトの後、北京で乗り換えを行い現地時間17時56分に上海に到着した。中国でまず最初にやらなければならないことは、時計を切り替えることだ。なぜなら時差があり、中国の時間がドイツの時間より6時間先を進んでいるからである。

 2400万人の人口を持つ上海の空港でキャプテンのベネディクト・ヘーヴェデス率いる選手たちは心から歓迎された。毎日FCシャルケ04のソーシャルメディア中国語チャンネルでお気に入りクラブの情報を得ている100人以上の地元のファンが、自分たちの国で挨拶するためにシャルケの選手たちを待っていた。

 

 ユニフォームやタオルマフラー、フラッグなどたくさんのシャルケのグッズを身に着け、ならびに「ようこそ中国へ」と書かれた大きな横断幕を持ったファンは長旅をしたアイドルたちに直接コンタクトし、ドイツからやって来たゲスト全員に大きな歓声を上げた。

 

 その後、数多くのファンがシャルケ選手たちに駆け寄りサインやセルフィーを頼んでいた。ラルフ・フェアマンとその他の選手たちは多くの時間をファンたちのために費やし、ツアーのモットーである『ニーハオ、チャイナ』を行動に移した。これから中国ツアー中に選手たちはチームとして、現地に住む中国の人々にサイン会、交流イベント、多くのPR活動を行っていく。

 

ツアー同行選手

GK:ラルフ・フェアマン、アレクサンダー・ニューベル、デニス・ヴィスツォレク

DF:パブロ・インスア、ベネディクト・ヘーヴェデス、内田篤人、コケ、バスティアン・オツィプカ、ナウド、マティア・ナスタシッチ

MF:ウェストン・マッケニー、ヨハネス・ガイス、ナビル・ベンタレブ、イエフェン・コノプリャンカ、ベンジャミン・スタンブリ、ダニエル・カリジュリ、ルーク・ヘムリッヒ、アミーヌ・アリ、シドニー・サム

FW:フランコ・ディ・サント、ファビアン・レーゼ、ギド・ブルクシュタラー、ハジ・ライト、バーナード・テクペテイ、ドニス・アヴディヤイ、ブレール・エンボロ

 中国ツアー中、多くのスポーツ的な面でも予定が組まれている。シャルケ指揮官ドメニコ・テデスコは毎日練習を行い、加えて2度強豪チームとのテストマッチに臨む。7月19日(水)現地時間20時00分から珠海市でトルコリーグの暫定王者ベシクタシュ・イスタンブール、7月21日(金)現地時間19時30分から常州市でインテル・ミラノと対戦する。このイタリアの伝統あるクラブとの試合を振り返ると、S04は1997年UEFAカップ決勝でインテルを下して、クラブヒストリー最大の成功を祝った。

 

 シャルケの中国ツアーグループはチームだけではなく、コーチ陣とオペレーションチームも帯同している。さらにスポーツディレクターのクリスティアン・ハイデルとアレクサンダー・ヨブスト、数々の栄光を納めた元シャルケ選手オラフ・トーン、名誉会長ゲーハルト・レーアベルク、長い間ファンのお気に入り選手であり現在はU23のマネージャーを務めるゲーラルド・アサモアと2カ国間の国際関係の責任者であるボド・メンツェも中国へと向かった。