K8 Gazprom

02.08.2017

コケ「僕らはファンを幸せにしたい」

 昨年のミッタージル合宿でコケが後十字靱帯を負傷した日から約一年が経つ。サッカーから遠ざかった時期にフラストレーションが溜まる日々を過ごしたコケがschalke04.deのインタビューに応じ、当時のことは振り切れたと語った。加えて、同右サイドバックはチーム内での生活、ドイツ語レッスン、同じ母国出身のパブロ・インスア、ファンの重要性に話した。

コケ、ミッタージルの合宿所に再び足を踏み入れた時、不安な感情はあったかい?

 いや、良い感覚を持っていたよ。当然、多くの記憶がまた蘇ってきたけどね。僕は昨年の夏合宿最初の3日目か4日目までチームの一員として練習していた。そして後十字靱帯の負傷をしてしまった。でも僕はどこでもあの怪我を引き起こしていたかもしれない。フェルティンス・アレーナでもね。もう僕はそのことに関してすべて処理したよ。僕は常に前を見ている人物なんだ。

 

今年の春に君は試合復帰を果たした後、チームに貢献できる力があることを示したね。今シーズンに向けてどのような準備をしているんだい?

 僕は本当に良い感覚を持っている。僕らのチームは本当に良いし、新シーズンの開幕戦をとても楽しみにしているんだ。ベルリンでのDFBポカール初戦は必ず勝利しなければいけない。僕の目標はシャルケのキープレイヤーになることだ。僕がピッチ上でチームに貢献したら、僕らの目標を達成できるはずだ。

 

チームの目標は?

 僕は今、具体的な順位を言いたくない。でも、明確なことが1つある:僕らは昨季と同じようなシーズンスタートを切ることは出来ないということだ。5試合で勝点0 ― これで他のチームはすでに僕らの遥か頭上にいた。僕らは毎試合しっかり集中して戦う必要がある。今シーズン、国際的な大会に出場できないことは悲しいが、今シーズンこの状況が僕らの小さなアドバンテージになるかもしれない。他のチームは多くの試合に臨むからね。でも、正直に言えば、僕は多くのイングリッシュウィーク(週2試合)を戦いたいよ。

 

ドメニコ・テデスコがシャルケ新監督に就任してから数週間が経った。彼の練習で何か気づいたことはあるかい?

 彼はオートマティックな連係や動きをとても重要視している。練習は疲れるけど、僕らは多くのボールを使ったコンディショントレーニングを行っているよ。間違いなく彼のアイディアすべてを吸収するにはまだ時間が必要だ。でも、僕らは正しい方向に進んでいることは確かだと思う。僕が特に気にっているのは、ドメニコ・テデスコのオープンな部分だね。彼は僕らと頻繁に話して、他の人の意見を受け入れるんだ。僕は監督と選手との対話を非常に興味深いと思っている。

 

監督とはスペイン語で会話できるけど…

 監督は非常に言語の才能に溢れている。彼はまず全てをドイツ語で説明しているよ。あとは常に英語、スペイン語、フランス語を散りばめて指示を出しているから、全員が何をすべきか理解できる。それでも、ドイツ語で話して理解することは僕らがやるべきことだよ。

 

ドイツ語はどうやって学んでいるの?

 チームメイトとだね。僕らは週2、3回ドイツ語レッスンを受けている。僕はバルセロナでのリハビリ中、専属のドイツ語の先生がいたから、たくさん学んだよ。

 

数週間前にチーム2人目となるスペイン人選手のパブロ・インスアがシャルケに加入したけど、以前からお互いのことを知っていたの?

 いや、お互い知らなかったよ。多分、セビージャ時代に彼と対戦したと思う。でも全く確信はないね。パブロは良い男で、シャルケに合う選手だ。僕らは彼を暖かく歓迎したし、彼はシャルケをホームの様に感じてくれると思うよ。

 

彼がチームに順応できるように手助けをしている?

 そうだね、でも僕だけじゃないよ。スペイン語を話すナウドもしくはフランコ・ディ・サントが彼の面倒をみている。同様にシャルケ選手全員がすべてのアクティビティーグループに彼を組み入れているんだ。僕らは1つのチームであり、1つの大きな家族だよ。

 

ファンもシャルケファミリーの一部だ。シャルケ・タークは楽しみにしている?

 僕はファンとの近い関係性が好きだよ。彼らはシャルケを愛している。ミッタージルでも多くのファンが現地にいて、毎回の練習と練習試合でサポートしてくれた。彼らはサッカーで最も重要だ。僕らは彼らのためにプレーし、彼らを幸せにしたい。

 

スペインでもファン感謝祭はあるの?

 シャルケが開催するようなイベント規模はスペインでは体験したことないね。100,000人のファンが当日会場に姿を現すなんて信じられないよ。でも、同時に良いシーズン過ごすことは僕らにとって義務だと思っている。