K8 Gazprom

08.08.2017

フェアマン「公式戦が重要だ」

 ラルフ・フェアマンと彼のチームメイトに新シーズンのスタートが足早にやって来ている。同シャルケGKは概ねプレシーズンの経過にとても満足している。schalke04.comのインタビューで28歳のフェアマンがプレシーズンのテストマッチの結果、新しい同僚ミヒャエル・ランガー、BFCドゥナモ戦とRBライプツィヒ戦への意気込みを語った。

ラルフ・フェアマン、プレシーズン最後の週だね。間もなく公式戦が始めることはどのくらい嬉しいかい?

 プレシーズンは常に大きな努力を要して、とてもストレスがある。僕らはここ数種間の間に色々な場所にいた:中国、ミッタージル、最近ではロンドンだ。また通常のリズムが始まり、もう直ぐ公式戦でプレーできることが嬉しいね。プレシーズンはサッカーにとって重要だし、テストマッチは楽しいけど、最終的に僕ら全員は公式戦が大好きだよ。

 

7度のテストマッチを戦って、シャルケは一度も負けなかった。これはどのくらい価値があるかい?

 あまりないと思うね。もちろん、チームがもっと長く無敗の状態を保てることを望んでいる。だけどプレシーズンでの結果より、新シーズン中の結果だけが決め手だよ。これまでの自分のキャリアを振り返れば、そのことが全てだと分かる。キャリアの中で一度、プレシーズン期間中の試合に全勝したけど、そのシーズンのスタートは酷かった。でもその反対で、プレシーズン期間中に数回負けたことがあったけど良いスタートを切れたシーズンもあった。要するにシーズン開幕前の時間は新しいことにチャレンジする良い機会なんだ。僕らはそのことに取り組んで、全体的に僕らは成長したと思っている。

 

プレシーズンは重要だ。でも僕ら全員は公式戦が大好きだよ。

ラルフ・フェアマン

ドメニコ・テデスコが監督になってから君たちは主に3−4−3のフォーメーションでプレーしているね。君にとって、この新しいシステムの中で 何が変わったと思う?

 多分、他の人たちが考えている程ではないよ。特に3−4−3のフォーメーションでは常に相手チーム次第だからね。時々、誰かがDFに入ったり、また最終ラインか出たりする。これは全体的に相手チームにとって難しい状況になる。なぜなら僕らはより予測不可能になるからね。

 

新GKミヒャエル・ランガーが数日前にシャルケに加入したけど、まだ彼はチーム加入の儀式を行ってないのかい?

 まだしていないよ。僕は彼がどんな考えを持っているのか興味がある。多分、オーストリアの特別なことか 、スカンジナビアの何かを見せてくれるんじゃないかな。ミヒャエルは昨シーズン、スウェーデンのノルシェーピンでプレーしていたからさ。

 

ミヒャエルとの関係性はどうだい?

 とても良いね。彼は良い男だ。でも僕はそれ以外ぶ何も期待していなかった。僕がキャリアで出会ったオーストリア人全員と同様に彼は非常にフレンドリーだよ。

 

新シーズン最初の公式戦は14日(月)に行われる。BFCドゥナモ戦に向けてどのくらい準備が出来ているかい?

 他の公式戦と同じく準備が出来ている。当然、僕らがこの試合で勝利すると予想されていることは全員が分かっている。そして僕らはこの役割を果たす必要がある。過去のポカールで常に障害物があることは示されてきたから、僕らは高い集中力を持ってベルリンでの一戦に臨まないといけない。

 

その後にはホームでRBライプツィヒとのブンデスリーガ開幕戦があるね。過去数週間、どのくらいフェルティンス・アレーナの雰囲気を恋しいと思っていたかい?

 もうすぐまた、その時間が訪れる。これが僕と僕のチームメイトが感じていることだよ。誰もがあの雰囲気を恋しがっている。だからここ最近のシーズン開幕とは違って、ホームでリーグ初戦を迎えらのは嬉しいね。