K8 Gazprom

24.10.2017

3対1でヴィースバーデンを下し、シャルケがベスト16進出

 FCシャルケ04がDFBポカールのベスト16への切符を手に入れた。10月24日(火)に行われたDFBポカール第2回戦で、シャルケはこの試合の本命に相応しく、3対1でSVヴェーエン・ヴィースバーデンに勝利した。フランコ・ディ・サント(26分)とギド・ブルクシュタラー(30分)がスコアリストに名を刻んだ。そして53分には相手選手のオウンゴールより、シャルケに更に1点が追加された。

先発が3人変更

 スターティングイレブンのうち全部で3人が変更となった。ダニエル・カリジュリアミーヌ・アリレオン・ゴレツカに代わり、コケイェフヘン・コノプリャンカナビル・ベンタレブが先発出場した。2対0で勝利を収めたマインツ戦後に軽い筋肉の痛みを訴えたため、レオン・ゴレツカは今日の試合でベンチ入りもしていない。

ディ・サントとブルクシュタラーがゴール

 シャルケは試合開始からゲームを支配し、直近の数試合と同じように多くの時間帯でボールをキープする。しかし試合開始から10分が過ぎた頃、SVヴェーエンはアクティブなプレーで、ラルフ・フェアマンの待つゴールに向かおうと積極的にボールを奪おうとする。ブリタ・アレーナで観ていた観客にとって、おもしろい試合となった。シャルケは前半の中盤以降、再び試合を完全にコントロールし、26分には無駄のない動きから先制点を挙げる。得点者はフランコ・ディ・サントバスティアン・オツィプカのサイド攻撃から頭で合わせ、ボールをゴールラインへと押し込んだ。
 その4分後にはギド・ブルクシュタラーが追加点を挙げる。同オーストリア代表はオツィプカのクロスを受けると、ゾーレン・レッデマンをかわして至近距離からループシュート。そのボールはSVヴェーエンのGKマルクス・コルケの頭上を越え、ゴールネットへと吸い込まれた。2対0になってからも、シャルケは前半終了までイェフヘン・コノプリャンカ(42分)、ギド・ブルクシュタラー(44分)が良い攻撃を仕掛ける。しかし、これらをゴールにつなげる事はできなかった。

 

WIE:コルケ - クーン(70分ブラハ)、モッケンハウプト、レッデマン、ミンツェル - アンドリスト、アンドリッチ、ムロフツァ、ディアヴジー(57分ブライトクロイツ) - シェフラー、ムヴィブドゥル
S04:フェアマン - ケーラー、スタンブリ、ナウド - コケ、コノプリャンカ、ベンタレブ(57分マッケニー)、マイヤー(65分シェプフ)、オツィプカ - ブルクシュタラー(73分エンボロ)、ディ・サント
GOAL:0-1 ディ・サント(26分)、0-2 ブルクシュタラー(30分)、0-3 ミンツェル(53分 / OG)、1-3 ブラハ(76分)
主審:スヴェン・ヤブロンスキー
観客数:11,373人
イエローカード:アンドリッチ、アンドリスト、ムロフツァ / -

諦めないSVヴェーエン

 後半、リードし余裕がある中でも、監督ドメニコ・テデスコ率いるシャルケが足を止めることはない。依然としてシャルケの士気は高く、前線へ攻める手を捜す。そしてその結果はすぐに表れ、53分に3対0となる。この1点はSVヴェーエンの選手であるアルフ・ミンツェルが自陣のボールをネットへと運ぶ形になった。
 SVヴェーエンはこの思いがけない失点後も気落ちすることはなかった。ヘッセンの選手達は引き続き果敢にプレーし、76分にはダヴィド・ブラハが得点する。このゴールによりSVヴェーエンは最終スコアに1点を飾ることになったものの、試合結果に影響を与えることはできなかった。同3部リーグのチームは試合終盤にもう1度ゴールチャンスを作ったものの、それはラルフ・フェアマンにセーブされた。こうして試合は1対3でシャルケの勝利となり、シャルケはDFBポカール・ラウンド16に駒を進めた。